スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) | page top↑
麻しんについて
今日の都筑区は日差しがなくどんよりとした
空模様で、今日午後から明日夕方にかけて
雨の予報が出ています。
今日明日あたりは卒業式という人も多いかと思いますが、
菜種梅雨の時期とはいえこの天気はちょっと憂鬱ですね。

さて、本日の一枚はセンター北で撮影した街路樹の写真です。

080319-1.jpg


14日にコブシの花が咲いていた話を書きましたが、
ハクモクレンも満開でした!

アオキ・フォルクスのある「福祉センター北」交差点の
大きなハクモクレンで毎年開花を知るんですが、今年は全然
気づかなかったので何故だろう…と不思議でした。

改めて交差点をよくよく確認したら、アオキ側の中央分離帯に
植えてあるハクモクレンは見事に咲いていましたが、
出光側の中央分離帯にあった木は切られてました。えええ!

毎年無意識に視界に入っていたのは出光側の木だったようで
だから今年は開花にまったく気づかなかったんですね。

こちらは2004年の出光側ハクモクレン
http://d.hatena.ne.jp/tsuzukinomori/20040308


立派な木だったんですが、今はどうなっているのでしょう?
今度もっとよく確認してきます。


ところで、今日は麻しんについての情報です。



【麻しん(はしか)流行に伴う横浜市の緊急対策について】

全国的に麻しんが流行しており、国は麻しん対策強化のため
平成20年度から予防接種を1回のみ接種している中学1年生
および高校3年生を対象に、麻しん・風しん予防接種の2回目の
接種を実施することとなりました。
(平成20年度から24年度までの時限措置)

しかし、横浜市では他の自治体と比べ、麻しんの発生数が
非常に多くなっており、早急かつ徹底した対策が必要なことから
さらなる麻しん対策として横浜市医師会の協力により、
平成20年3月21日から麻しん予防接種の未接種・未り患の方を
対象に、市費負担による予防接種(任意接種)を実施します。

〈1〉麻しん流行に伴う横浜市の緊急対策
  発症者が10代のワクチン未接種者に集中していることから、
  緊急措置として、市費負担による予防接種(任意接種)を実施します。

【接種対象】
  1歳~高校3年生に相当する年齢で、麻しん予防接種を1度も
  受けておらず、麻しんにり患していない方
  (定期予防接種対象者を除く)
【実施期間】
  平成20年3月21日~平成21年3月31日まで
【使用ワクチン】
  麻しん風しん混合(MR)ワクチンを使用
【実施場所】
  市内のMR予防接種協力医療機関で実施
【費用】
  接種費用の全額を市費負担
【持参するもの】
  母子健康手帳、保険証等、接種者の住所・年齢が確認できるもの

※平成20年度以降の実施については、平成20年度予算が
横浜市議会において議決されることを停止条件とします。

〈2〉その他の麻しん対策について
  1.定期予防接種の各日な接種勧奨
     健康福祉局・区福祉保健センター、衛生研究所、こども青少年局、
     教育委員会の連携により、横浜市のHPや乳幼児健康診査、
     学校での就学時健診等での、確実な接種勧奨を行います。
  2.麻しん発生時の迅速な対応
     幼稚園、学校等に対し、平常時の対策、患者発生時の対策に
     ついての手引きを配布し、学校等において1人でも麻しん患者が
     発生した場合、手引きに基づき、必要な調査および指導を行います。

麻しん流行に伴う緊急対策について(横浜市)
http://www.city.yokohama.jp/me/kenkou/oshirase/mr-kinkyu.html

予防接種のQ&A(横浜市健康福祉局)
http://www.city.yokohama.jp/me/kenkou/yobousessyu/qa/qa-mr.html

麻しん(はしか)に関するQ&A(厚生労働省)
http://www.mhlw.go.jp/qa/kenkou/hashika/index.html




年齢に該当する方(と保護者の方)は各ページをご一読ください。
ということで、麻しんについてのお知らせでした。



2008/03/19(Wed) | お知らせ | トラックバック(-) | コメント(-) | page top↑
前のページ ホームに戻る  次のページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。