スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) | page top↑
チケットプレゼント

今日の都筑区、朝はかなりの土砂降りでしたが
午後には止んで青空が見えるほど急激に回復しました。
雨上がってよかった~と思ったら、気温が下がって
晴れてからの方が寒かったですね。

さて、本日の一枚は早渕川沿いで撮影した写真です。

080612-1.jpg


今日は雨のすごい時間帯ではなく、すっかり止んだあとに行ったので、
水かさはそれほどでもなく、ご覧の通りのどかで穏やか~な風景でした。

ところで、今日はチケットプレゼントのお知らせです。

現在、横浜市歴史博物館では「古代のムラの神・仏」と題した
企画展が開催されています。




【企画展「古代のムラの神・仏」】

奈良時代から平安時代にかけての古代のムラでは、
水辺の祭り/建物などを建てるに際しその地を鎮める祭り/
建物の中にカマドを作る際やそれを廃棄する際の祭り/
井戸をめぐる祭り/顔を描いた土器を用いた祭り/
占骨を用いた祭り/土器に特殊な字形の文字や
何らかの呪力を期待するまじないの記号を記す行為

-こうした様々な祭りが行われていました。

 また東日本の集落遺跡では、仏教施設が置かれた
ムラがあることが明らかになってきています。

それらの施設は茅葺の建物で、中には仏像や瓦塔が置かれ、
灯明が灯されたとみられます。これは平安時代初頭にできた
仏教説話集である『日本霊異記』に記された、ムラの人々が建てた
「堂」「寺」に当たるとみられます。

 本展覧会では、南武蔵・相模の地域社会を中心に、
古代のムラの祭りの様相と、ムラの中の仏教施設と
それをとりまく様相をご紹介します。

古代のムラにおける神と仏は、決して対立する存在ではなく、
両者は相まって存在し、習合していったようです。

展示では、神の祭りと仏の信仰をとりあげつつ、
両者の関係をも探っていきます。

■開催期間 7月6日(日)まで

横浜市歴史博物館HP
http://www.rekihaku.city.yokohama.jp/





今日はこの企画展のチケットをペアで1名の方に
プレゼントいたします。


《応募方法》
 (1)住所 (2)氏名 (3)年齢 (4)電話番号 (5)希望枚数
 (5)つづき日記またはつづきチャンネルへの感想
 以上をご記入の上、ハガキかファックス、メールでご応募ください。

《宛先》
 〒224-0006
 横浜市都筑区荏田東4-10-2 ケーブルネットつづきの森
 「つづき日記 歴博」係

 FAX 045-941-6831
 メール 9ch@tmtv.ne.jp(@を半角にしてください)

《締切》 2008年6月19(木)15時まで


ということで、どしどしご応募ください。
お待ちしております!



2008/06/12(Thu) | 未分類 | トラックバック(-) | コメント(-) | page top↑
前のページ ホームに戻る  次のページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。