スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) | page top↑
風景写真のデータベース
今日の都筑区、午前中は今にも雨が降り出しそうな
どんよりとした空模様でしたが、お昼すぎから
少し晴れてきました。
気温は30度に届くか届かないかといったところですが、
湿度が高いので蒸し暑く感じます。

さて、本日の一枚は緑道で撮影した写真です。

080904-1.jpg


中央に映っている木は、ご覧の通り、
毎年こんな早くから葉っぱが黄色くなっていきます。
まだまだ暑い日が続いているので紅葉じゃないと
思うんですが、この木だけ何ででしょうね。

ところで、今日はお隣・青葉区の話題をひとつ
ご紹介したいと思います。



【青葉区の風景写真をデータベース化!】

かつて農村地帯であった現在の横浜市青葉区内の地域は、
昭和30年代後半からベッドタウンとしての開発が始まりました。

特に昭和41年の東急田園都市線の延伸以降は、
大規模な宅地開発と新住民の流入が相次ぎ、地域の風景を
一変させました。

昨年(平成19年)に開館30周年を迎えた山内図書館では、
こうした昭和戦後期の地域の変化を記録した資料としての
風景写真に注目し、その収集に努めるとともに、
データベース化する作業を進めてきました。

このたび、192点の風景写真を収録した「青葉区風景写真
データベース化 昭和戦後期編」が完成し、山内図書館の
ホームページで8月29日(金)から公開を始めました。

あわせて、同データベースに収録する写真を募集しています。
問い合わせは電話で山内図書館「写真データベース」担当まで。


■名称 青葉区風景写真データベース 昭和戦後期編

■URL http://www.city.yokohama.jp/me/kyoiku/library/chiiki/yamauchi/

■収集対象とする写真
 昭和戦後期(昭和20年~昭和64年)に撮影された横浜市
 青葉区内の風景、街並みを記録した写真(人物写真は除く)

■写真の収録点数(平成20年8月29日現在) 192点

〈飯島一世(イイジマカズヨ)氏〉
 昭和10年山内村生まれ。カメラメーカーに42年勤務。
 退職後に、それまで撮りためた強度写真をもとに
 「写真集あざみの」(平成19年刊)を出版。
 青葉区あざみ野在住。

■問い合わせ
山内図書館 青葉区あざみ野2-3-2
TEL 045-901-1225



インターネットでこの写真を見ることができる、ということで
早速いろいろと見てみました。
今の風景からは想像がつかないほどの変化ですが、
中でも一番ビックリした写真はこちらでした。

『江田駅前で田園都市線開通を祝う地元住民』
http://www.city.yokohama.jp/me/kyoiku/library/chiiki/yamauchi/database/data/d0056.html



江田駅ってこんなだったんですか!


今後、多くの方からもっとたくさん写真が集れば
貴重な資料になりますね。
青葉区と同じような感じで開発が進んだ地域ですので、
都筑区にもこういうデータベースがあるといいな~と思います。



2008/09/04(Thu) | その他 | トラックバック(-) | コメント(-) | page top↑
前のページ ホームに戻る  次のページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。