スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) | page top↑
歴博チケットプレゼント
今日の都筑区は、午後から日差しが弱まったものの
スッキリと晴れ渡る快晴となりました。
ずっといいお天気が続き、しばらく雨が降って
いないので、空気がとても乾燥しています。
火の元には十分ご注意ください。

さて、本日の一枚は新年らしい1枚を、ということで
日の出を撮影してみました。

090104-1.jpg



…といっても、日の出がうまく見える場所が探せず
小高い丘の上で木立の向こうが明るくなってきた写真に
なってしまいました。

日暮れのようにも見えますが夜明けです。
薄暗い中をごそごそと上がっていったので
足下がほとんど見えず非常に怖かったです(笑)


ところで、今日は久しぶりにプレゼントのお知らせです。
1月31日から横浜市歴史博物館で開催される
企画展のチケットをペアで1名様にプレゼントいたします。



【黒船・開国・社会騒乱~日記にみる150年前の横浜】

1853(嘉永6)年、アメリカ合衆国のペリー提督が率いる
艦隊が浦賀に来港し、翌1854年(安政元)年、横浜村にて
日米和親条約が結ばれ、日本は長く続いた鎖国を解いて
開国しました。そして、その5年後の1859(安政6)年、
安政の5ヶ国条約にもとづいて横浜が開港しました。

今年2009年は、この横浜開港から150周年にあたります。

この記念すべき年の幕開けに、横浜市歴史博物館では
開港前後の横浜とその周辺で起こったさまざまな出来事を
庶民の視点から紹介する展示を行います。

中心となる資料は、幕末に神奈川宿に住んだ知識人、
佐藤汶栖(さとう ぶんせい)が記した「金川日記」です。
この日記は、嘉永2年(1849)~安政7年(万延元、1860)という
開国、開港をはさんだ前後12年間にわたるものです。

神奈川宿内の祭事や事件から風水害、地震や火事、
さらには異国船来航や国内政治情勢についてまで、
多様な記事が幅広く記されているもので、今回初めて
本格的に公開いたします。

本展示ではこの「金川日記」に記された、神奈川宿と横浜周辺の
出来事や、政治・社会に関する記事をピックアップし、
関連する資料を紹介いたします。展示を通じて、同時代人が
見た開港前後の社会の姿を感じていただけましたら幸いです。

〈主な展示資料〉(予定)

金川日記(個人蔵)
佐藤汶栖書簡(人間文化研究機構国文学研究資料館蔵)
ポーハタン号模型(横浜開港資料館蔵)
佐久間象山書簡(横浜市歴史博物館蔵)
ペリー来港絵巻(神奈川県立歴史博物館蔵)
旭日丸絵図(船の科学館蔵)
青物魚軍勢大合戦之図(早稲田大学図書館蔵)
徳川斉昭漢詩(個人蔵)
ミシシッピ号図(個人蔵、横浜開港資料館寄託) ほか


■開催期間  2009年1月31日(土)~3月15日(日)

■場所 横浜市歴史博物館
       都筑区中川中央1-18-1

■開館時間 9時~17時(券売16時30分まで)
         月曜休館

■問合せ TEL045-912-7777



【プレゼント応募方法】

ペアで1名様にこの企画展のチケットをプレゼントいたします。
ご希望の方は住所・氏名・年齢・電話番号・
つづき日記、またはつづきチャンネルへの感想をご記入の上、
ハガキかファックス、 またはメールでご応募ください。

〒224-0006
横浜市都筑区荏田東4-10-2
ケーブルネットつづきの森
つづき日記「歴博チケット」係

FAX 045-941-6831
メール 9ch@tmtv.ne.jp(@を半角に)

■締切
 2009年1月13日(火)午後3時到着分まで有効

■当選発表
 チケットの発送をもってかえさせていただきます。 




開港の頃に書かれた日記が今も残っているんですね。

このつづき日記も、今から数百年後に都筑区の歴史を知る
資料として活用されたら面白いな~と思いました。
しかし…金川日記と違って、つづき日記は書いているのが
知識人ではありませんので、資料としての価値が出るでしょうか(笑)


それでは、たくさんのご応募お待ちしております。







2009/01/04(Sun) | イベント情報(都筑区) | トラックバック(-) | コメント(-) | page top↑
前のページ ホームに戻る  次のページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。