スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) | page top↑
お肉は生で食べないで!
今日の都筑区は少し雲がかかっていますが、
いいお天気です。
昨夜から今朝にかけては、気温も湿度も
グッと下がって涼しかったですね。
横浜地方の最低気温は25度を切りました。

さて、本日の一枚はセンター南駅改札口を撮影しました。

090815-1.jpg




夏休み期間中はバスや地下鉄の小児運賃が
割引になるのをご存じでしょうか。


090815-2.jpg


バスは50円、地下鉄は100円で乗れるんですね。
ですが、PASMOなどを使った場合は割引の対象と
なりませんのでご注意ください。

横浜市交通局 詳細はこちら
http://www.city.yokohama.jp/me/koutuu/info/bus50sub100.html

いつも思うのですが、この小児運賃割引は積極的な告知を
あまり見かけないし、交通局HPのトップページには載っておらず、
割引を知らずに通常料金で乗ってしまっても教えてもらえる
ワケではなく、せっかくこういうサービスをやっているのに
もったいないな~と感じます。


ところで、現在カンピロバクター食中毒が増加傾向にあるということで、
横浜市より注意を呼びかけるリリースが出ていました。



【お肉は生で食べないで!】

カンピロバクター食中毒が増加傾向にあります!
 横浜市におけるカンピロバクター食中毒は、平成18年から
 20年にかけて増加傾向にあり、今年は8月6日現在で
 5件発生しています。
 過去に全国で発生した食中毒事例としては、鶏刺し、鶏のタタキなど
 鶏肉を生や加熱不足で食べて感染する事例が報告されています。

腸管出血性大腸菌(O157等)感染者が7月から急増!
 腸管出血性大腸菌の感染者が今年の7月から急増しています。
 この菌の感染力は非常に強く、感染経路には飲食物を介する
 経口感染(食中毒)のほか、人からひとへの感染もあります。
 過去に全国で発生した食中毒事例としては、焼肉、ユッケ、
 レバ刺しなど、食肉を生や加熱不足で食べて感染する事例が
 報告されています。

食中毒を予防しましょう!
◎生や加熱不十分な肉を食べることは避けましょう。
  特に、子供や高齢者等、細菌に対する抵抗力が弱い方は、
  食中毒菌に感染した場合、症状が重くなりやすい傾向が
  あるため、大変危険です。
  肉を調理する際は、中心部まで75℃で1分以上の加熱を!
◎肉を扱った手はよく洗い、まな板・包丁などは必ず洗浄剤で
  よく洗ってから、熱湯や塩素系の漂白剤などで消毒しましょう。
◎ 肉を保存する際は肉汁がこぼれたり、他の食品に接触したり
  しないように、密閉できる容器等に入れて清潔に低温で
  保存しましょう。
◎ バーベキューや焼肉等では、生の肉をつかむ箸と食べる箸は別々にし、
  十分加熱してから食べましょう。

家庭でも、食中毒予防の三原則(菌をつけない、増やさない、殺菌する)を実践し、
食中毒発生の予防を行ってください。

http://www.city.yokohama.jp/me/kenkou/syoku_anzen/1-2/oniku.pdf




リンク先にグラフが載っているのですが、腸管出血性大腸菌の
感染者増加はホントにすごいですね。
みなさんも食中毒予防の三原則を忘れず、どうぞお気をつけください。




2009/08/15(Sat) | お知らせ | トラックバック(-) | コメント(-) | page top↑
前のページ ホームに戻る  次のページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。