スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) | page top↑
澄んだ空とは

今日の都筑区は薄曇りのお天気となりました。
横浜地方の最高気温は24.9度。
暑くもなく寒くもなく、過ごしやすいお天気でしたね。

さて、本日の一枚は牛久保西にある緑道、くさぶえの道で
撮影した写真です。

090919-1.jpg



6月にもくさぶえの道で写真を撮りましたが、
その当時とはずいぶん見た目が変わっていてビックリ。

6月14日の様子
http://tsuzukinomori.blog121.fc2.com/blog-entry-628.html


草刈りするとこんなにもスッキリするもんなんですね~。
別の場所のように見えます。


ところで、今日は夕方に見事な夕焼けとなりました。
ご覧になった方いらっしゃいますか?

空一面がピンク色になりました。

090919-2.jpg


たまにこんなピンク色の空となる日がありますが、
これも夕焼けの仕組みと同じなんですよね?

そもそも夕焼けって毎日見られるものではありません。
一体どういう時に出現するのかと気になったので
調べてみました。

こちらに条件が書かれています。
http://www.tamagawa-kisui.jp/ooh2/ooh2-index.html


どうやら、夕焼けには澄んだ空気と高い位置にある雲が
重要な条件となるようですが、しかしこの日は“澄んでいた”とは
いえない空気だったような。

ところで「澄んだ空気」という言葉、ワタクシもよく使いますが
よくよく考えたら具体的にはどういう状態をいうのでしょうか。

ついでに空気について調べてみたところ、空気中の塵などが少なく、
湿度は…、風向きは…、などなどいろいろな条件が重なった時に
いわゆる“澄んでいる空”となるようです。

となると、今日の天気はますます合致しないんですね。
(こりゃ困ったな)

今日みたいな日に、このようなピンクの空が
出現したのか結局分からずで終わってしまいました。

オチがなくて澄みません、いやスミマセン。


2009/09/19(Sat) | 雑学 | トラックバック(-) | コメント(-) | page top↑
前のページ ホームに戻る  次のページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。