スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) | page top↑
指定文化財となりました

今日の都筑区は朝から良いお天気です。
風も穏やかでポカポカしていて気持ちがいいですね。
横浜地方の最高気温は20度を超えました。

さて、本日の一枚はセンター南駅から徒歩7分ほどの場所にある
「茅ヶ崎城址公園」を撮影してきました。

091106-1.jpg




091106-2.jpg




091106-3.jpg



茅ヶ崎城址が平成21年度横浜市指定文化財となりました。



【平成21年度横浜市文化財指定 指定2件、登録3件】

横浜市では横浜市文化財保護審議会の答申・回答を受け、
指定文化財として「木造阿弥陀如来及び両脇侍立像」など
2件の指定と、指定文化財として「日米話新条約締結の地」など
3件の登録について指定・登録しました。

今回の指定・登録によって、指定文化財は143件、地域文化財は
90件となります。

〈指定文化財〉茅ヶ崎城址 (史跡) (14世紀末~16世紀末)
  所有者 横浜市 所在地 都筑区茅ヶ崎東二丁目25

  中世城郭跡。6つの郭(くるわ)と空堀(からぼり)、土塁(どるい)からなる
  中世の山(丘)城で、その規模は、東西350m、南北220m、総面積
  4.4ha(整備面積約2.5ha)と推定される。築城者や築城時期は不明であるが
  数度にわたる発掘調査の結果、空堀・土塁等の遺構は良好な状態で
  遺存しており、14世紀末から15世紀初めに築城され、16世紀にかけ、
  前後3期にわたる築造の跡が確認されている。 土塁や空堀等が良好な形で
  残る市内でも唯一の中世の城郭として、郭の配置や城址の変遷を知る上で
  学術上の価値は高い。
  古くから多田山城守塁跡(ただやましろのかみるいせき)とも呼ばれ、
  摂津守源頼盛(せっつのかみみなもとのよりもり)の子、多田太郎が
  城主であったとの伝承がある。

http://www.city.yokohama.jp/ne/news/press/200911/images/phpBYAXHa.pdf

茅ヶ崎城址
http://www.city.yokohama.jp/me/kankyou/kisha/h20/080625-2.html



茅ヶ崎城址は長年整備が行われ、昨年開園した新しい遺跡公園です。
このたび指定文化財となったことで、都筑区の名所のひとつとして
今後多くの人が訪れる場所となるのではないでしょうか。

2枚目の写真にも写っていますが、土塁の向こうに都筑の新しい
商業施設などが見渡せるちょっと不思議な空間です。
散歩がてら立ち寄ってみてくださいね。


 

2009/11/06(Fri) | 緑道・公園 | トラックバック(-) | コメント(-) | page top↑
前のページ ホームに戻る  次のページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。