スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) | page top↑
協定締結
今日の都筑区は、朝から青空が広がり
とてもいいお天気です。
横浜地方は15.7度まで気温が上がり、
まさしく“春の陽気”でしたね。
だんだん暖かくなって来ていい感じだな~と思ったら、
お天気がいいのは明日までらしく、明後日からは
しばらくぐずついた空模様が続くようです。

さて、本日の一枚は都筑区総合庁舎6階から撮影した写真です。

100224-1.jpg



今日は6階大会議室で、東京都市大学と都筑区役所による
「第7回地域連携調査研究発表会」が行われました。

東京都市大学環境情報学部では、1997年の学部開設以来、
キャンパスのある都筑区や港北ニュータウン周辺を対象に、
地域に根ざした調査研究を行っています。

この発表会は、研究成果を行政職員などに向けて発表することで
行政の実務的な視点で評価してもらうことができるほか、
行政にとっては広く業務の参考になることから、双方にとって
有意義な機会となっています。

第7回となる今回は、環境や街づくり、メディアなどに関する
調査・研究の発表が行われました。

100224-2.jpg




100224-3.jpg





実は本日、この発表会に先駆けて東京都市大学環境情報学部と
都筑区役所では「連携協力に関する協定書」の締結式を行いました。

100224-4.jpg



都筑区役所と東京都市大学環境情報学部は、
平成12年度からさまざまな連携協力活動を行い
実績を積み重ねて来ました。

今年度は都筑区が区制15周年を迎えたこと、
また東京都市大学は校名を変更したことから、
「地域の課題についての調査の実施等を通じて、
相互のさらなる発展に寄与すること」を目的に
今回の協定を締結することになりました。

締結には東京都市大学環境情報学部の
増井忠幸学部長と、

100224-5.jpg



吉田哲夫都筑区長が出席。

100224-6.jpg




協定書にサインを行いました。

100224-7.jpg




100224-8.jpg




この協定により、都筑区・東京都市大では
 ◎地域連携調査研究発表会の開催
 ◎区民団体による調査研究等に対する共同支援
 ◎協議機関として、地域連携協力会議を設置

このような連携関係を結ぶほか、

区役所から大学に対し
 ◎大学主催の事業への支援・協力
 ◎地域課題の提示と大学の調査・研究への情報提供

大学から区役所に対し
 ◎区の事業への支援・協力
 ◎地域課題に対する調査・研究・提言

というような協力関係を結ぶこととなりました。

また、これを契機に、都筑区の街の記憶と歴史を残し、
将来に引き継ぐための「デジタルアーカイブ事業」を
連携しながら進めていくとのことです。



【デジタルアーカイブ事業】

■都筑区記録写真収集提供事業(都筑区役所)
都筑区役所保有の写真のうち、歴史的資料として
保存すべきものをデータベース化します。
区内の街並み等の記録写真を将来にわたり蓄積するとともに
その一部をホームページで公開・提供します。

■「街の記憶」プロジェクト(東京都市大学環境情報学部)
都筑区で生活する新旧住民や通勤通学、来訪者など、
さまざまな視点で見た「つづき」のイメージや思い出を
写真などとともにウェブで共有し、街づくりに寄与するための
プロジェクトです。



都筑区が今後より一層素晴らしい街となるよう、
連携協力から生まれたアイデアをどんどん
活かしてほしいですね。

ということで、連携協力協定についてお知らせしました。



2010/02/24(Wed) | イベントレポ | トラックバック(-) | コメント(-) | page top↑
前のページ ホームに戻る  次のページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。